2017年07月31日

獅子座の巨人〜司馬遼太郎

獅子座新月の続きを書くはずが、別のことを書きたくなったので…、
こちらも獅子座ネタです。

書庫の整理をしている最中に、つい目に留まってしまった本をパラパラ、
タイトルは「司馬遼太郎。人間の大学」(鷲田小弥太著)。

私は、司馬遼太郎の本が大好きで、昔は夢中になって読んでいました。
このかたの人間の描き方や、単なる歴史小説を超えて歴史の深層を
ダイナミックに描いていくスケールの大きさ・・・
読後は、自分の生き方の姿勢をあらためて問い直されるような、
筆致は冷静なのに、懐深い温かさや熱情を感じて励まされるような、
そんな気分になったものです。

著者は、サブタイトルとして、
司馬遼太郎の文学から、「人生の基本を学ぶために」とつけています。
そして、こんな文章で、司馬作品を紹介しています。
少し長いけれど、引用します。

「司馬の小説は、はじめから終わりまで、日本と日本人の歴史を描きました。
・・・意識的に、国境を越えていくさまざまな視点を駆使して、じつに多様に
丹念に書き続けました。もし司馬がいなかったら、戦後日本の中で、日本という
ものはこういう国なんですよ、日本人というのはこういう人間なんですよ、
ということをきわめてはっきりしたかたちで、具体的に明示できなかった、
と断言していいでしょう。
 そういう意味でいうと、私たちは戦後、司馬遼太郎という時代小説作家の
作品によって、初めて日本と日本人というものを「発見」したんだ、といっても
いいんです。日本と日本人のID(アイデンティティ)ですね。」

日本と日本人の歴史を描き、人々に日本と日本のアイデンティティを
発見させた作家。そんな司馬遼太郎は、獅子座の生まれです。

私は何者であるかを外の世界に表現し、
自分のアイデンティティを表現することで、人生を創造する星座、獅子座。
司馬遼太郎は、自分を超えて、日本と日本人のアイデンティティを描き、
新たな歴史観をつくっていった、獅子座の巨人です。

☆★☆★

そんな司馬遼太郎は、1923年8月7日大阪市生まれです。

時間はわからないので、お昼12時でホロスコープをつくると、
獅子座の真ん中あたりにある太陽に、火星、海王星が重なります。
そして、社会天体である木星がスクエア、土星がセクスタイル。
双子座の月は、お昼12時の図では、太陽や火星とセクスタイルになります。

司馬自身のアイデンティティというか、
歴史小説を書く人生へと自分を駆り立てていった動機は、戦争体験です。

22歳の時に敗戦を迎えた司馬は、戦争によって深い傷を負った世代の人間ですが、
世代アスペクトとして、冥王星と土星のスクエア、
そして、冥王星と木星、冥王星と天王星のトラインを持っています。

死と再生を司る冥王星は、国民や国土と関係する蟹座にあり、
そこに土星がスクエアとなっていますが、
焦土と化し、過去の伝統も体制も打ち砕かれたなか、
それでも、冥王星と木星や天王星のトラインが示すように、不死鳥のように甦り、
高度経済成長期が始まる時代に、社会の主要な働き手となった世代です。

司馬の太陽は冥王星とはアスペクトしていませんが、
冥王星とアスペクトする木星、土星とはアスペクトしており、
この世代特有の思いを共有しながら、新たな社会づくり(木星、土星)のために、
まい進していったのでしょう。

司馬のホロスコープで重要なのが、太陽と火星に海王星が重なることです。
「自己を表現」し「(人生を)創造」するのが獅子座のテーマですが、
自他の境界をなくし、人々の無意識的な感情に敏感になって共感するのが海王星。
そのため、司馬の獅子座太陽の表現は、
日本と日本人のアイデンティティの発見と表現(執筆)に向かったのでしょう。
(司馬の初期の作品は、かなり幻想的です。)

司馬の月は双子座ですが、司馬が執筆を始めると、
そのテーマに関する本が神田の古本屋街からすべて消えると噂されたそうです。

また、司馬のライフワークは「街道をゆく」。
その土地に関する歴史的な事実だけでなく、雑学話や関係する人の思い出話など、
縦横無尽にさまざまな話を展開していくスタイルは、
双子座的ですね。ちなみに、司馬さんは「座談の名手」としても名高いそうです。

根本にある知的な好奇心をベースに、実資料をあさり読み、知的な考察を重ね、
そして、深い洞察力と豊かな想像力をいかして、
日本のアイデンティティを描き、新たな日本の歴史観を創ったた作家、
それが司馬遼太郎という人物なんですね。

(思い入れがあるので、ついアツク語ってしまいました)
posted by amaneayafumi at 23:31| 人詠み

2015年11月30日

「書を捨てよ、町へ出よう」言葉の錬金術師・寺山修司

突然ですが、少し調べたいことがあって「寺山修司」のことを考えていたのですが、
どうも、この人物はキロンが効いてそう・・・と、チャートをみたら、
まさに、太陽と月と海王星のTスクエアの一角にキロンがコンジャンクション。

それにしても、このホロスコープは、まさに寺山ワールドです。
寺山修司は、出生年月日に異説もあるようですが、
現在正しいとされている1935年12月10日のホロスコープは、
これであっているのではないかと思います。

ところで、寺山修司といっても、すでに死後30年近くたち、
一般の人はピンとこないかもしれませんよね。
けれども、
「書を捨てよ、町へ出よう」
という有名なフレーズを耳にされた方は多いのではないでしょうか。

「言葉の錬金術師」と称された寺山修司は、
ウィキペディアをみると、”俳人、詩人、演出家、映画監督、小説家、作詞家、脚本家、随筆家、評論家、俳優、写真家”
といった多様な肩書きをもち、さまざまなジャンルで膨大な作品を残しました。
けれども、その生涯は短く、自らが愛した競馬さながらに、
わずか47年の人生を、鮮やかに、またたくまに疾走していってしまったのです。


寺山のホロスコープを丁寧に読んでいくと、長〜くなってしまいそうなので、
太陽と月がらみのところだけ、少し・・・・

寺山は、射手座の太陽、双子座の月。
この日のお昼12時で、太陽も月もちょうど17度の満月なので、
出生時間が前後にずれても、射手座の太陽、双子座の月の満月生まれになります。
ここに、乙女座16度の海王星がからんで、Tスクエア。

上で挙げているような、さまざまな分野に関心を寄せ、
才能のきらめきのままに、作品を量産した寺山は、まさに双子座の月。
私はさほど読んだわけではないですが、
寺山の俳句や短歌のひねりながらもリリックな言語表現、
そして、人の魂の根幹にあるなにかに強く訴えかけてくるメッセージは、
射手座太陽・水星、乙女座海王星、双子座月だな〜と思います。
(カオスじみた手の広げ方も海王星スクエア的ですね。)

さて、寺山は、冗談半分で”自分は走る列車の中で生まれた”といっていたようです。
そのため、故郷がない、と。
寺山の原風景にあるのは、移動する列車(旅)、そして帰るべき故郷がない自分。

帰るべき故郷を見失っているイメージには海王星スクエアが強烈に働いていますが、
寺山の創造の源泉ともいえるこのイメージに、
寺山の魂の痛み(月とコンジャンクションのキロン)が表れている印象を受けます。
47歳で世を去った寺山は、若い頃に病を得て、
身体(月)に痛みを抱えながら生きていたのかもしれません。

(注)キロンは双子13度なので、太陽と海王星にはTスクエアでからみますが、
   生まれ時間がこの日の夜遅くの場合は、月とは重ならなくなりますが、
   コンジャンクションという前提で読んでいます。

しかし、寺山の人生は単なる漂白の旅ではなく、
社会を変革するためのメッセージを投げかける、情熱的な活動の積み重ねでした。

随筆「書を捨てよ、町へ出よう」を出版したのは、31歳。
まさに、サターン・リターンの時期です。

このタイトルは、”書(双子座月)を捨てよ、町へ(=広い世界、射手座太陽)出よう”
という宣言に、私には思えます。
自分の太陽を輝かせる意識によって、寺山は射手座の矢さながらに、
人生を熱く疾走していったのではないでしょうか。

(注)一般論として、月を捨て太陽を生きようということではないです。
  月と太陽を統合することは大事ですよね。
   

同じ射手座太陽、双子座月の組み合わせの作家で、
バックパッカーのバイブルといわれる「深夜特急」が代表作の沢木耕太郎がいます。
けれども、表現のしかたは、ホロスコープが異なるとずいぶん変わってきますね。

また、寺山のアンダーグラウンドなテーマへの強烈な関心は、
蠍座金星と水瓶座火星のスクエアに、天王星と冥王星を含めたグランド・クロスの
衝動の体現といえるでしょう。

posted by amaneayafumi at 10:28| 人詠み

2013年05月01日

”生きるレジェンド”カルメン・デル・オルフィス

ちょうど今日、ノー・アスペクトについて、少し話をしましたが、
ノー・アスペクトの太陽の人物のチャート・リーディングを書いたことがあったな〜と思いだし、
(↑結局、使わなかったので)
久しぶりに、人物読みをアップします。

******************************************************************************************
”生きるレジェンド” 81歳スーパーモデルの生きる姿勢

先日テレビをつけながら、ダラダラ片づけをしていたら、目にとびこんできたのが、“81歳の現役スーパーモデル”のトピックス。映し出された画面には、予想をはるかに超える美しくオーラを放つ女性が…。
 カルメン・デル・オルフィス(Carmen Dell' Orefice)さん、16歳でVogueの表紙を飾り、81歳の今にいたるまで現役。8cmヒールを履いてランウェイを歩く凛とした姿勢は、威厳さえ感じます。

いったいどうしたら、そこまで自分を厳しく律していくことができるの??と、早速チャートチェックしてみました。

Carmen Dell’Orefice (born June 3, 1931) is an American model and actress, born in New York.
http://en.wikipedia.org/wiki/Carmen_Dell'Orefice


★focus★

・太陽(双子座)がノーアスペクト
・世代的アスペクトとして、木星合冥王星(蟹座)、土星(山羊座)、天王星(牡羊座)でTスクエア
・Tスクエアを調停しているのが金星&水星(牡牛座)。金星は品位が高く、水星は太陽星座ルーラー。
・エレメントバランスでは地が強い(火:2 地:5 風:1 水:2)


●厳しい時代背景から生まれた克己心●

カルメン(敬称略)が生まれたのは、1931年です。この年は、2年前にアメリカで「暗黒の木曜日」と呼ばれる株価の大暴落が起きたのをきっかけに、世界恐慌が始まった時代でした。
天王星と冥王星のスクエアは、2013年現在まさに形作られていますが、時代の大きな節目にあたります。旧いシステムが根底から崩壊し、政治・経済危機が起きやすい時。戦争や天変地異とも結び付けられて解釈されています。
 1931年は、この天王星・冥王星のスクエアに、さらに木星と土星が加わり、時代の大きな変動が、社会的な現象としてもあらわれやすい年でした。集合無意識として働きやすいトランス・サタニアン(天王星・海王星・冥王星)は、個人的な感受点と関与することによってはじめて、その意識が表面化します。一方、もっと公転周期が短い木星・土星の場合は、同年代の人たちに共通する社会意識を抱かせます。そのため、この年に生まれた人は、時代の大きな変動を背景に、社会変革の意識や思想を抱きやすいと考えられます。

 
 ウィキペディアをみると、カルメンは母子家庭に育ち、13歳のときにモデルとなって華々しく活躍しながらも、金銭的には苦労が絶えず、波乱万丈の人生を送っているようです。生まれた時間はわかりませんが、山羊座の月が土星に重なっている可能性があり、そうすると、上記のTスクエアを内面的にいつも感じていることになるでしょう。
 山羊座の月は忍耐強く努力を続け、社会的な成功を通して心が満たされる場を得ようとします。カルメンのなかには、「時代は、どう変わっていくかわからない」という思いと同時に、だからこそ、自分を律してつねに活動し続けること(Tスクエアの配置は活動宮)が当たり前として感じる心情があります。逆にいえば、波乱・変動にとびこんで上を目指して努力し続けることによって、この月は満たされているのでしょう。(月がTスクエアの一角の土星に重なればですが)

 「いつまでモデルを続けるのですか?」という質問に、「それはわからない。けれど、呼吸が続く限りは続けるでしょう」というカルメンの答えは、モデルとしての誇りと同時に、上の心情から生まれた答えといえるのかもしれません。
(「”呼吸”が続く限り」という表現は、双子座的! 彼女の生命力を表す太陽は双子座にあります。)


●生まれ持った芸術センス●

 個人の表面にあらわれやすいキャラクターをあらわすパーソナル・プラネット(太陽、月、水星、金星、火星)をみると、個人の美意識を司る金星が牡牛座にあります。
 金星は牡牛座と天秤座でデグニティを得ますが、天秤座が金星のもつ社交的な面がクローズアップされるのにたいし、牡牛座では金星の美的感性・五感の才に光があたります。牡牛座は生来の身体感覚にすぐれる星座ですが、牡牛座の金星は「生まれ持った美的感性や、芸術センス」を備えているといえるでしょう。

 さらに、牡牛座を含む地のエレメントに、カルメンは10の惑星のうち半分が集まります。このあたりをみると、風の星座の双子座生まれのカルメンですが、実は、地のあらわす感覚的な分野に関心をもちやすいことがわかります。
 

 強みを発揮する牡牛座の金星には、太陽の支配星であり、太陽の意志を運ぶ水星が重なります。さらに、この金星・水星の合が、前述のTスクエアを調停する位置で起きています。活動宮のTスクエアが示している変革への無意識的な衝動は、金星・水星を通して発展的な形で表現されていくでしょう。そして、金星・水星が世代的な惑星のTスクエアとアスペクトすることで、世の中の大きなウェーブに乗り、彼女の金星・水星(美の表現)は大衆からの支持を得ていったのでしょう。

 生まれ時間(ハウス)がわかれば、もっと細かく具体的な分析ができるのですが、生年月日だけでも、彼女が金星の象徴を通して社会的に活躍しやすいという可能性は読み取れます。


●生きるレジェンドへの道●

 最後になりましたが、その人の核にある生命エネルギーの象徴であり、人生の目標である太陽についてみてみましょう。
 太陽は、唯一の風の星座である双子座にあって、メジャーアスペクトはとりません。いわゆるノーアスペクトの配置です。ノーアスペクトの太陽は、ある意味では、「自分の太陽を探し続ける人」。周囲からみると、その人の太陽が非常に目立つため、個人のキャラクター自体が一種のカリスマとして有名になりやすい傾向があります。

 私は、太陽のノーアスといえば、木村拓哉さんが浮かびます。「何を演じても、キムタク」ともいわれますが、「キムタク」という個人の名称(キャラ)で、一時代を築いたのは間違いないでしょう。
 カルメンも、単なるスーパーモデルにとどまらず、「生きるレジェンド」と呼ばれるような生涯を送ってきたのは、このノーアスペクトの太陽の輝きがあったからかもしれません。

 また、早熟な星座といえば、牡羊座と双子座が代表的で、どちらも才能のきらめきで勝負しますが、ひとつのことを維持したり継続することには興味がうすい傾向があります。
 16歳でヴォーグの表紙を飾り(これは表紙に登場した最も若い年齢の一人だそうです)、早々とその才を発揮したカルメンですが、81歳の現在も第一線に立ち続けていることができるのは、土星と重なる?山羊座の月が支えていることと、変転が多い人生であったこと、さらにいえば、ノーアスペクトの太陽が、自分が輝けるステージを生涯探し続けているからといえるのかもしれません。

web拍手 by FC2
posted by amaneayafumi at 23:21| 人詠み

2009年02月09日

コンビの理由

占いライター仕事の関係で、定期的に話題の人のホロスコープ読んでいるのですが、
先月、指定されたのが、NON STYLE。
2008年末のM-1グランプリで優勝した注目の漫才コンビです。
若手のお笑いには、とんと疎いので、さっそくチェックしてみたのですが、
う〜ん、超高速な掛け合い、流れるようなハイテンポ!

生年月日をみると、
この二人は、同じ中学・高校に通っていた同学年ペアで、
生まれ日もごく近い同じ魚座の生まれなんですね。
続きを読む
posted by amaneayafumi at 06:01| 人詠み