2017年03月31日

桜の見頃を待ちながら

東京で桜の開花宣言が出たのは、春分早々だったのに、
花冷えどころか、冬に逆戻りしたような陽気が続き、
桜が待ち遠しい今日この頃です。

でも、ちらほら咲き始めた桜の木を見上げると、
桃色に染まったつぼみが、枝いっぱいについていて、
気温があがったら、一気に華やかに開く準備万端という感じですね。

逆行って、過去の振り返りと、同時に
未来の準備の時期(再スタートのための)だと思うのですが、
ただいま、美と愛の星・金星は逆行中。
なんだか、爛漫の春(桜の開花)を待たされる気分なのも、
ちょっと、こんな星の動きともマッチして面白いなぁなんて。


さて、ただいま、牡羊座の新月から上弦に向かう時期です。
約2週間前は、個人的に大事な卒業イベントがあって、
その日は、魚座の最後の度数、月が土星と重なるときでした。
濃密で不思議な時間を終えて、帰宅したあたりで、ちょうど春分を迎え、
それから2週間。
なんだか、2週間が2ヶ月ぐらいに感じます。

物理的にものすごく忙しかったというわけではないんですが、
心境というか、物の見方が急に変化した2週間でした。
苗床で育てた苗を抜いて、畑に植え直したようなタイミングだったのかな・・


見頃が1週間程度の桜は、
あっという間に咲いて、あっという間に散っていきます。
ただ、その1週間は、日常の景色が一変するような華やかな時間が訪れます。

星回りも、あるとき、一気にいろんなことが起きるでも、
そんな感じで、いろんなことが急に動き出していくことがありますよね。

この先、4月3日に逆行している金星が、牡羊座から魚座に入り、
その翌日の上弦の日には、月が木星、冥王星、天王星と次々ハードなアスペクトを
とりながら進みます。

そして、土星がゆっくりと向きを変え、順行から逆行に転じたあたりに、
太陽は、木星と冥王星とTスクエアをとる位置を通り、
ついで、天王星に向かっている最中に、水星も逆行に転じます。

そして、満月の頃は、逆行している金星と土星がちょうどスクエア。
満月の4日後には、天王星とコンジャンクション。

あらためて描き出してみると、これから2週間って、
星の動きに、かなりインパクトがありますね〜。

こういった波が激しい時期を、乗りこなしていくことで、
淀みに引っ掛かっていたような悩みや迷いが、急激に変化して、
新しい流れに進んでいくことができるタイミングになる・・・なんて思います。

posted by amaneayafumi at 23:45| 雑記