2018年03月02日

3月の担当日のご連絡

こんばんは。
つい先日までオリンピックで連日盛り上がっていたのに、
気が付けば、あっという間にもう3月ですね。

今回のオリンピックは、魚座の金星と海王星や、
山羊座の土星がよい感じできいていて(どれも品位がよいです)、
熱い勝負だけでなく、社会的に大人と感じる選手たちの優しい気遣いに、
みている私たちもとても温かい気持ちになりました。。

家で仕事をしているので、なんだかんだとオリンピックは毎回見ているのですが、
今回は、本当にいいオリンピックだったなぁとしみじみ感じました。

そんな魚座気分の余韻が残っているなか、
ふっと来週の星回りをみると、もう水星や金星が牡羊座に入るのですね!

来週はまた寒くなりそうですが、そうはいっても、
みずみずしい春が一足早く芽吹いてくるようなイメージです。

本格的な活動の春はもう少し先ですが、
気持ちのほうは、春を先取りして、
いろいろインスピレーションがわいてくるかもしれませんね。


さて、前置きが長くなりましたが、3月の担当日のご連絡です。
今月は、第一日曜の4日(日)のみお店に出ています。

次回は、一ヶ月先になってしまうので、もしお急ぎのかたや、
活動の春に向けてご自身を振り返りたいかたなどなど、
よろしければ、星のメッセージに耳を傾けにいらっしゃいませんか?



天音絢文
posted by amaneayafumi at 20:00| 連絡

2018年02月01日

2月の担当日のご連絡

こんにちは。今年の冬は、本当に寒いですね。。

今日の東京は、また雪になるようなので、
外出されているかたは、足元気を付けてお帰りください。

さて、2月ですが、現在担当の第1日曜日に加えて、
第3日曜日もお店に出ることになりました。

2月の担当日:
2月4日(日)
2月18日(日)

予約フォーム

まだまだ冬の真っ盛りですが、東洋では節分(立春)なんですね。
寒さに震えながらも、そろそろ春以降の活動に思いを馳せたい時期の到来です。
posted by amaneayafumi at 16:25| 連絡

2018年01月31日

皆既月食の夜のコズミック・ジョーク?

今回の皆既月食、スーパームーン、ブラッドムーン、ブルームーンということで
盛り上がったみたいですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

たわいのない話なんですが、ちょっとおもしろい体験をしたので雑談です。

今日は、象徴についての考え方をまとめようと思って、
本棚から「ユングと占星術」という本を引っ張り出して、
ちょうどシンクロニシティについてのくだりあたりを読んだところで、
近所に買い物に行こうとして外に出ました。

すると、ポストのところにホースの先につけるジョイント部分が置いてありました。
実は、先日の雪のあとの冷え込みで、庭に置いてある洗濯機と水道のホースをつなぐ
ジョイント部が壊れてしまっていたのです。
専門店まで買いに行く時間がなかったので、そのままになっていたのですが、
大家さんが気をつかって、余っていたパーツを置いて下さったのかと思い、
隣に住んでいる大家さんのところに、お礼にいきました。

すると、、、大家さんは、そのパーツが家の前に落ちていたのを見つけて、
てっきり私が買いに行って落としたのかと思い、拾っておいたのだそうです。

つまり、私が、壊れたジョイント部を買いにいかなくちゃ〜と思っていたときに、
家の前に、傷のないきれいなジョイントのパーツが落ちていたのです!!
同じ建物に住む人は、誰も落としていないそうなので、
突然、降ってわいたように必要としていたパーツが現れたのですね(笑)
そんな都合よいことあるかしら〜と、大家さんと一緒に大笑いしてしまいました。

まだ実際に確かめてませんが、必要としているものよりやや小さく見えるので、
口の大きさがあわないかもしれませんが、なんだか大笑いさせてもらった分、
得した気分になりました♪

おもしろかったので、大家さんとその話をしていた時間あたりのチャートをたて、
ホラリー的な手法で読んでみました。

アセンダントの支配星は水星、
物=部品を表す第2ハウスの支配星は、ちょっと微妙な位置で、水星か金星。
(壊れた側と、新しく見つけた部品の象意は分けないで第2ハウスとしてみることにします)

水星は山羊座の終わり、ボイドの状態です。5度前に牡羊座の天王星とスクエア。
部品が壊れたのを見つけたのは、ちょうど5日前、水が噴き出していて驚いたので、
突然壊れて勢いよく噴き出す水にびっくりしたイメージは、
活動宮の水星・天王星のスクエアと重なります。
水星はボイドなので、この部品はけっきょく使えないということになりそう?

金星は6ハウスにあるので、家事労働と関係するイメージ?
こちらも5度前に、太陽があってコンバスト。
でも太陽に焼かれるイメージはないので、やはり2ハウス支配星は水星でしょうか。
ただ金星でも、次に接近するのは、家を表す4ハウスの支配星の木星とスクエア。
木星は蠍座で水のサインなので、このあたりは家の洗濯機のイメージがある?
木星とスクエアなので、サイズがあわない(金星=部品のほうが小さい)感じで、
この場合でも、やっぱり使えない気配は濃厚です。

さて、結果はどうでしょうか!?(笑)
ちなみに、MCは、おそらく双子座、支配星は水星ですね。
双子座、水星、トリック・スター、ジョークのイメージです。

シンクロニシティというよりも、
皆既月食という特殊な時間(の前)に起きたコズミック・ジョークでしょうか!?

月は獅子座第12ハウス、水瓶座太陽にオポジションで接近しようとしています。
目に見えない世界のちょっと不思議な出来事に(12ハウス)、
大笑いして(獅子座月)、そのあと、占星術という知的なアプローチで、その象徴に光を当てている(水瓶座太陽)?
と、落ちがついたところで、お粗末さまでした(笑)



後日談(翌日)

確かめてみたところ、洗濯機側には部品の口がぴったりはまりました!
ただ、ホース側の部分が壊れているので、このままでは使えそうになく、
ビニルテープを巻くなど修繕が必要そうですが、使える可能性も・・・。
(雪が降りそうな寒さなので、この日はこれ以上確認せず)

誰か落として困っている人はいないか、もう一度大家さんに確認したのですが、
やはり誰もいなかったので、ほんとに、なぜ、こんなにタイミングよく、
使えそうな部品が落ちていたのか、つくづく不思議です。。。

posted by amaneayafumi at 23:19| 雑記

2018年01月30日

ミクロの時間、マクロの時間

少し話はさかのぼりますが、前々回のセッションの日(1月7日)のことです。

いらっしゃる方は、出生図で冥王星が太陽やMCに重なっていたり、
トランジットの冥王星がアセンダントにやってきていたり、
話の内容が冥王星的であったり・・・。

その日のトランジットは、太陽と金星が一緒になって、
冥王星と重なりあおうとしている日でした。まさに冥王星デー、冥王星祭り?

けれども、冥王星に光があたる(太陽が重なる)日ではあっても、
金星も重なり、さらに木星もセクスタイルで、
天王星のゆるいハード以外は、ハード・アスペクトがひとつもない日だったためか、
冥王星のシリアスな面にはまりこむことなく、どちらかといえば客観的に(月は風の天秤座)、
冥王星のもっている深みのある変容の力に焦点を当てた話が多かった・・・という印象でした。


ミクロの時間、マクロの時間というのは、少しヘンなタイトルかもしれませんが、、、
でも、占星術のセッションを定期的にやっていると、
おひとりおひとりのミクロの時間(個人のホロスコープに対する星の配置)に耳を傾けながら、
それら全部を通して、マクロの時間の流れをひしひしと感じることがよくあります。
(たとえば、この日の冥王星の配置のように)

ミクロの時間の意味を、星の言葉に置き換えて、
深く自分のなかに落としこんで(理解して納得して)、
そして、もっと自分らしく生きるための物語を紡いでいく・・・

それと同時に、マクロの時間にも目を向けて、その感覚を自分のなかに取り入れていくと、
自分が生きているこの世界とのつながりの感覚が深まっていって、
それが大きな安心感や肯定感につながるんじゃないかな・・・・なんて思ったりします。

さて、マクロの時間では、太陽が水瓶座を進行し、もうすぐ満月。皆既月食ですね。
天気しだいで観測できる皆既月食は、
大きなマクロの時間を実感しやすいタイミングなのかもしれません。

ひとりの個人として自己表現しながら(獅子座の月)、
個々の立場を超えて、広くネットワークを築いていく(水瓶座の太陽)テーマは、
SNSが普及した今の時代は、以前に比べてずいぶん身近になりました。

水瓶座のテーマが得意な人も苦手な人も、
こういったタイミングで、自分のなかの水瓶座の部分にピカピカ磨きをかけてみては!?

12サインというのは、自分の惑星が入っているサインだけでなく、
すべてのサインが、すべての人(ホロスコープ)のなかにあるんですものね。
posted by amaneayafumi at 23:06| 雑記

2018年01月20日

1月21日(日)&2月4日(日)のご予約状況

こんにちは、天音です。

今年初めは山羊座に星々が集まっていて、
山羊座土星のテーマを実感されたかたも多かったのではないでしょうか?

明日21日は担当日ですが、年の初めということもありご予約が埋まっております。
飛び込みでいらしても、お受けできませんので、ご了承ください。

やはり1月は、今年の流れについて星のメッセージをお聞きしたいというかたが
多いですよね。山羊座土星は、具体的な計画を立てるのにぴったりです。
そして、着実に実行していく人を応援してくれる星です。

次回の担当日は、2月4日(日)です。こちらは、まだ空いておりますので、
2018年の星のテーマについてセッションしながら、
あらためて今年の過ごし方に思いを馳せたいかたは、お気軽にいらしてください。

天音絢文
posted by amaneayafumi at 16:47| 連絡

2017年12月31日

2018年に向けて

早いもので、今年も本当にあとわずかです。

年末に山羊座に土星が入り、冬の寒さを、ただ寒いだけでなく、
凛とした冷たさの中に、身の引き締まるようなすがすがしさを感じます。
これが、土星が本来のサインである山羊座に回帰するということなのかなぁ、
なんて感じています。

年を越すというのは、やはりひとつの節目を迎えることですが、
同時に、2017年から2018年に年が変わるときは、
12月31日から1月1日に日が変わるときであり、
23時59分から00時00分に分が変わること。

大きな節目と同時に、確かにそこには日常の流れもあるのですよね。
山羊座に土星がある時代に、年号も変わり、
これから、日本は大きく変わっていくのでしょうが、
マクロな変化と同時に、それはミクロの日常的な積み重ねの先にあるはず。
土星のテーマでもありますね。

目の前の新しい年に思いを馳せつつ、
2018年もどうぞ宜しくお願いいたします。

天音絢文
posted by amaneayafumi at 23:44| 雑記

2017年12月28日

2018年1月の担当日のご案内

こんにちは。

気が付けばあっという間に山羊座に土星が入って、
早くも山羊座元年(?)の開幕ですね。

山羊座に土星が入る前、少しの間、
「特別な時間」のように感じていたのですが、
まぁ、星が日々動いていくように、時間もどんどん過ぎていきます。

土星と「時間」は関係が深いので、
来年は、時間や、それから時の積み重ねである歴史なども、
ちょっと意識しながら過ごしてみようかな〜なんて、ふと思いました。

さて、現在、担当を月1回、第1日曜日とさせていただいてますが、
来年1月は、第3日曜の21日(日)もお店に出ます。

【1月の担当日】
1月7日(日)
1月21日(日)

さらりと来年のテーマについて知りたい年運メニュー(20分3000円)も、
おこなっていますので、ふと思い立たれたかたはお気軽に足をお運びください。


天音絢文
続きを読む
posted by amaneayafumi at 07:08| 連絡

2017年10月31日

11月の鑑定日のご案内と年運メニュー

先日、お知らせさせていただきましたが、
11月から担当日が、これまでの第1,3,5日曜日から、第1日曜日のみとなります。

11月は今週末の5日(日)です。

月1回だと、なかなかご都合があわないかたもいらっしゃるかと思いますが、
もしご都合があいましたら、お気軽にお立ち寄りください。


また、まだメニュー更新申請を出していないのですが、
11月から翌年2月までは、年末、年初めの時期にあたるため、
期間限定で、年運メニューをご用意いたします。

20分3,000円で、来る2018年のテーマや流れ、
どのようなことを意識すると、よりよく過ごせるか、などについて、
ホロスコープをもとに、ポイントを絞ってお話させていただきます。

ご予約を希望されるかたは、予約フォームよりお申し込みください。

それでは、どうぞ宜しくお願いいたします。


天音絢文
posted by amaneayafumi at 23:55| 連絡

2017年10月30日

トラサタや土星が過ぎたあと

個人的なことなんですが、ここ数年(だいたい6年弱)、
ず〜っと、N個人天体のハードに対してトランスサタニアンのハード・アスペクトを
受け続けています。

ひとつ終われば、次はここ・・・といった感じで、
なかなか息つぐひまがない状態でした。
私は、N個人惑星に木星がタイトに働いているので、
どんな状況も、次の展開(未来)のため、今の課題を乗り越えて成長する機会と、
前向きにとらえているほうなんですが、
さすがに6年近くも続くと、ちょっとくたびれました(笑)

今、T冥王星が分離に入ってオーブ2度ぐらいあいたところで、
今後はじわじわと離れていきますし、
冥王星や天王星を刺激していたT木星も、天秤座から蠍座に移動して、
状況もいろいろトーンダウンして、
やっと自分のやりたいことに、腰を落ち着けて取り組めると、
ほっとしている自分がいます。(今はちょっと虚脱してますが;)


お客様とお話していても、しみじみ実感するのですが、
トランジットのトランスサタニアンがやってきて、
自分の苦手なところ(ハード・アスペクトをつくっているところなど)を
刺激する時って、自分が無意識に、それが当たり前と思っているけれど、
実は、そうじゃないところや、
変えたほうがいいのだけれど、状況に流されて、そのままにしているところを、
どんどんついてくる感じです(そういう状況が起こりやすかったり、そういう心境になったり)。

実はそうじゃないというのは、
本来の自分(←ホロスコープに指し示されている)からみると、
一枚薄皮をかぶっているというか、本来の輝きが発揮されていない部分。
そこを、トランスサタニアンはゴシゴシ磨きをかけていくような感じです。

だから、トランスサタニアンがきているときは、
我慢して乗り切ろうとするよりも、変えてしまったほうがよい、というか、
しみついた自分のパターンを壊して、
自分にとってより望ましい状態に変えることができる機会なんですね。
ま〜、いろいろ大変なことも多いときではありますが。

土星はトランスサタニアンとは役割が違いますが、
無駄なものをそぎ落として、形(人生の基盤)を整えていく時期なので、
こちらも、「もうひと頑張り!」といった努力が必要とされるときです。

ただ、トランスサタニアンにしても土星にしても、
過ぎた後は、台風のあとの青空のようなもの。
それまでとは違う景色を目にすることができます。

今の星の動きだと、射手座に土星が滞在していますが、
あと2ヶ月弱で次のサインに移り、土星の課題を終えて、少し一息ついたあとに、
来年秋から発展の星・木星が射手座に入るので、基盤を整えたあとに発展、
というなかなかタイミングのよい流れです。
(蠍座に木星が入る来年の秋までは、射手座のひとつ前、
 ハウスでいえば12ハウスの位置にあたる蠍座に木星があるので、
 準備を整えるのにぴったりです。)


それにしても、土星が射手座に入って早くも3年弱がたったのですね!
ハロウィンで彩られた街の風景が、11月に入ると一変して、
クリスマス模様に彩られていきます。
早くも、年末、そして土星のサイン移動までカウントダウンが始まりそうな
時期になっていきますね。
posted by amaneayafumi at 23:58| 雑記

2017年10月29日

木星が蠍座に入って、

早くも3週間弱経ちました。

蠍座に木星が入った後のセッションでは、
お客様の流れの変化が早くも表れていたように感じましたが、
皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

ところで、占星術は雑誌の特集号を読むぐらいといったお客様から、
よく言われることのひとつに、
「”木星が〇〇座(←自分の生まれ星座)に入るので、今年は12年に1度の幸運年”と
 雑誌に書いてあったので、ものすごく楽しみにしていたのに、全然いいことがなかった。」という声です。

これは、ホロスコープ全部をみて、お客様にあわせた答えが必要となることですが、
それでも、おおまかにいって、3つほど理由があると思います。

まず、ひとつは、木星の影響は、単に太陽だけに働くということではないこと。
ふたつめは、木星の影響を、単純に「幸運」だけに限定できないこと。
(「幸運」のとらえかたが、おひとりおひとり違うことも含めて。)

そして、みっつめは、自分から主体的に行動することによって、
木星がもたらしてくれるものを実感しやすいこと、です。
受け身で過ごすと、そういえば、いつもより穏やかだな〜とか、
いつもより忙しくて、なんとなく前向きな気分?といった程度で過ぎていくのが、
N太陽=T木星の年に思えます。

これは、実は、雑誌に書かれているのは、
出生(N)の太陽と同じサインに、トランジット(T)の木星が入る年(時期)に、
「幸運年」と書かれているのと、関係があるのです。

なぜなら、太陽自体が、「主体的に生きる意志や活力」
「実現したい人生の目標(自己実現)」を表す惑星だからです。
太陽は、周囲の環境のなかで日々のルーチンを穏やかに繰り返しながら受け身で生きる(←これらは月の役割)のではなく、
自らの内にある生きる意志や自己実現への衝動にしたがって、
主体的に輝く(自分らしさを表現する)ことによって、実感できる惑星です。

そして木星は、そんな風に「もっと自分らしい人生を創ろう」と行動する人たちに、
発展の上昇気流を、穏やかにそして豊かに送ってくれるのです。

というわけで、
蠍座生まれの人は、「自分らしい」と感じる生き方を実現するために、
ぜひ、このトランジットの木星を活かしていってくださいね!

とはいえ、トランジットの木星の影響は、太陽だけではないので、
トータルで、ホロスコープを読みながら、今後の自分計画を立てたいかたは、
ぜひご相談ください。


私は、太陽サインではないのですが、
天秤座を含めた活動サインには主要な惑星が入っているので、
T木星・天秤座のときは、やっぱりつむじ風のようだった!?
でも、時には激しい風が吹かなければ、安住した自分の状態を変えるのは難しい・・
ということも、実感しています。

(蠍座生まれだけにかぎらず)木星・蠍座入りは、
活動サインから不動サインへの変化でもあるので、
始めたことを落ち着いて深めていくのには、ぴったりです。

私も、あれも調べてみたい、これも探求したいという占星術のテーマが山盛りで、
この変化の満月を超えたあたりから、ぼちぼち始めたいなぁなんて思っています。
posted by amaneayafumi at 23:39| 雑記