2017年05月31日

当たり前であることと、価値の転倒

連続して、新月以降について書いてきたのですが、
次は天王星・・・というところで、筆が止まってしまいました。

書くことがないわけではなくて、
逆に、天王星というのは、こういうこと・・・というのが、
リアリティを伴って実感しているので、
どこまで書いていいのかな・・・と書いては消ししています。

トランジットで目立つ動きがあるときに、
こうやって、自分の意識を乗せつつ、そのテーマに焦点化してみるのはいいですね。
一種の体感を伴って、その象意がしみこんできて、
自分自身を望む方向に、再設定(再編成)できる気がします。

当たり前とすら意識してなかったことは、実は当たり前でもなんでもなかったこと。

不自由であった状態は、自由になって初めて気づく。

上を下に、下を上に。左を右に、右を左に。
逆転の発想でみることで、初めて見えてくるもの。

土星的な社会的価値観、あるいは海王星的なつながり意識、から離れる個の視点。


まともな文章になってないですね(笑)

トランジットの火星は、すでに天王星とのセクスタイルの位置を通過して分離状態。
そして金星は、6月3日の夕方に天王星と重なり、
これから、愛情や美意識、あるいはなんらかの価値に関することで、
大きく見方が変わっていくような体験をしやすい時です。

その翌日の4日には、太陽が木星とトライン、月は木星と重なり、
5日は、月が金星、天王星の対向の位置を通過していきます。

同時に、太陽は海王星とスクエアなので、やや現実離れした理想や空想が
広がりやすい傾向はありますが、
それでも9日の満月に向けて、希望をもって新たな目標(太陽)を抱くことができる
タイミングといえるのではないでしょうか。

posted by amaneayafumi at 23:53| 星読み

2017年05月30日

終わりのイメージと、目標の再設定

今日の東京の最高気温は、30度!
自宅で仕事中ですが、外は暑そうですね~。

さて、ひとつ前の記事で、若々しく軽やかなエネルギーなんてことを書きましたが、
ぜんぜんそんな気分じゃない、なんてかたもおられるのじゃないかと思います。

26日の新月のときは、
金星はタイトに冥王星のスクエア、火星は土星にオポジション。
昨日29日に火星はタイトに土星とアスペクトして、現在は少しずつ、
土星のオポジションの位置から離れているところです(分離状態)。

土星と冥王星が個人天体の金星&火星と、ハードにからんでいたので、
なんだか、ひとつのことにぐ〜っと集中していくようなイメージですね。

火星と土星のアスペクトは、(主に社会的な)目標を設定して、
そこに火星が表すエネルギーを集中していくような配置ですし、
金星と冥王星のアスペクトは、
深い部分で金星が表すイメージをじわじわと塗り替えていくような配置。
どちらかといえば、重たい印象の星回りです。

ただ、こういう星回りを建設的に活かせば、
金星が象徴する愛情や美意識、人間関係、金銭、価値意識・・などに関する意識を、
深い部分で塗り替えつつ、火星土星が示す新たな目標に舵を向けることができると
思います。

土星は、古典7惑星の最遠の星。
冥王星は、現代の10惑星の最遠の星。
どちらも、最果ての星なので、終わりに関係します。

土星の終わりとは、ピリオドを打つという制限を加える(枠をはめる)ことで、
木星までの際限なく広がっていこうとするものを明確な形にしますし、
終わりという形で、いったん線を引くことによって、
新たなスタートラインに立つこともできるはずです。

冥王星は、もちろん、死と再生の象徴です。
塗り替えとは、いったん終わらせてから新たに再生していくこと。

つまり、土星と冥王星が強力に働いていたこの時期(新月からこれまでの時期)は、
終わりのイメージも浮かび上がりやすいときですし、
内的にはいろいろ思うことがあった方もおられたのではないでしょうか。

けれども、上で書いたように、
火星と土星のアスペクトは、社会的な目標を設定して(型をつくって)、
そこにエネルギーを集中していく方向に働かせることができますし、
冥王星で終わりにすることは、そもそも、潜在的にはすでに終わっていて、
次の再生に向かう(生まれ変わる)ことなんだと思います。

土星や冥王星のアスペクトを通過することで、
ひとつ前の記事に書いたような、牡羊座&双子座本来の若々しく軽やかな
エネルギーも、もっとストレートに表れるようになるのではないでしょうか。

そして、その流れを後押しするように、
現在は、金星も火星も、土星、冥王星のアスペクトから離れ、
天王星とのアスペクトに向かっていくタイミングです。
(金星は天王星と合、火星はトライン)

若々しい初心に返って(冥王星を経て、改めて初心に返って)、
天王星が示すような、次なるステージにジャンプしていくフェーズかな?

ともあれ、今から満月に向かう時期は、
なかなかおもしろいタイミングになりそうですね。
posted by amaneayafumi at 15:23| 星読み

2017年05月29日

若々しいエネルギーをもって挑戦&実験

早くも、最高気温は(真?)夏日ですが、
5月らしく風が爽やかで気持ちの良い季節ですね。

夜風に吹かれながら夜空を見上げると、闇から細い光が現れたばかりの月相です。
数日前の新月は、いろいろ気になるところもあるのですが、
ポイントをしぼって少しだけコメントしてみます。


しばらく前から、金星と火星がセクスタイルで進行していますが、
新月の時点では、金星は牡羊座、火星は双子座。

金星は冥王星とスクエア、火星は土星とオポジション、
そして少し進んだ先で、金星は天王星と重なり、火星は天王星とセクスタイル。

このアスペクトはとっても重要ですが、少し置いておいて、
金星と火星に注目すると、金星は火星が支配する牡羊座にあるので、
金星のディスポジターは火星です。
そして、火星は双子座にあるので、火星のディスポジターは水星、
その水星は牡牛座にあるので、ディスポジターは金星。
金星、火星、水星のパーソナル・プラネットの間で、
ディスポジターの流れがループになっています。

この3惑星が位置するのは、12サイン最初の牡羊座から始まる3サイン、
牡羊座、牡牛座、双子座です。
さらに、この3つの惑星の司令塔ともいえる新月(太陽&月)も双子座で起き、
今回の新月は、惑星とサインの関係だけに注目すると、
全体的にとても若々しいエネルギーを感じる配置です。

この3サインには、新境地を拓く天王星も滞在しています。
そして、天王星は、現在牡羊座サインの終わりのほうに位置するので、
ひとつのサインを通過する惑星が最後に触れるのが天王星。
いろいろあっても(土星やら冥王星やら)、
初心に返って心機一転、新たな地平へと旅立つような配置です。

話戻って、金星と火星がある牡羊座と双子座は、
どちらもよく動く(行動する)サインですが、
牡羊座が新たな分野に挑戦するために大胆に行動を起こすのに対し、
双子座はもっと軽やかで、お試し感覚で新しい分野に飛び込みます。
風のサインの双子座には知的な観察力があるので、お試しというより実験という
言葉が似あいそうです。

この組み合わせは、「トライ&エラー」といった雰囲気も感じます。
大人になると、なかなか失敗はゆるされなくなってきますが、
こういう星回りのときは、臆さずにこころみたトライ&エラーの結果、
新しい選択肢が見えてきたり、正しい答えにたどりついたり、
すでに意味のなくなっていることからさらりと離れたりすることが
できる時なんじゃないかな・・・なんて思います。

ここにアスペクトを加味してみると、また、別の局面も浮かんできますが、
なんといっても若々しい行動のエネルギーを感じる星の配置、
季節も梅雨前の爽やかな時期ですし、
ぜひ、それぞれの立場で、挑戦&実験を楽しんでみてください(←なんといっても、
金星と火星のアスペクトですしね!)

posted by amaneayafumi at 23:46| 星読み

2017年04月30日

本日はありがとうございました

本日は、鑑定日でした。
代々木まで足を運んでいただいた皆様、ありがとうございました!

初めてのかたや、お久しぶりのかたなどなどいらっしゃいましたが、
「(今の状況と鑑定の)タイミングがよかった」とおっしゃるかたや、
まさに、これから動き出そうとするかた、
タロットで、質問や設定を変えて何度展開しても、
これから先、突然停滞感から抜け出す暗示が繰り返し表れるかた、などなど、
いつも以上に、これから始まる変化の兆しを感じる日となりました。

占いをやっておられないかたですが、
昨日から急に動き出した感じがするとおっしゃっておられた方がいましたが、
まさに、昨日から12サインのトップであり、火の活動宮の牡羊座に、
金星がイングレス!

牡羊座にある水星とミューチュアル・レセプションを組んでいる双子座の火星と、
昨日から牡羊座に入った金星は、ゆるくセクスタイルをつくりながら進んでいき、
軽快な行動力を感じさせる配置です。

連休が終わる前に、水星が順行に転じると、
このドライブ感はさらに増していきそうですので、
ぜひそれぞれの次なる展開を進めていってくださいね。
posted by amaneayafumi at 23:56| 鑑定ルームより

2017年04月29日

30日(日)のご予約状況

今日は、なんだか不安定な天気でしたね。

昼間に出かけようとしたら、晴れているのに、シャワーのような雨が降っています。
いわゆる、きつねの嫁入りです。

こんなときは、虹が出やすいので、
四方を気にしながら歩いていると、出ています!それも、二重の虹です。

ネットで検索すると、二重の虹の意味に、卒業なんてキーワードもあげられていて、
ひとつ前の記事にかいた、重要な転換期になりそうな星回りのときらしい出来事!?

一方では、朝方に不穏な国際ニュースもあり、いろいろ先行きが気になる昨今です。


さて、明日30日(日)は、担当日になります。
明日は、18時半頃まではご予約が入っておりますので、
もし当日、ご希望される場合は、夜の時間帯にお申し込みいただければと思います。

また、来週の日曜日の5月6日(日)も、担当日になっております。
こちらは、余裕がありますので、GW期間にふと思い立たれた方は、
お気軽にお運びください。

posted by amaneayafumi at 22:50| 連絡

2017年04月28日

もうすぐ水星が順行に。逆行←→順行のシメとなるGW

アングルに3つの大惑星が乗る派手な春分、
そして、その数日後の新月からちょうど1ヵ月たちました。

いつもは、1ヵ月経つのは早いなぁ、あっという間・・・という感じですが、
この1ヵ月は、時間の感覚がいつもと違うというか、
なんだか、とてもゆっくりと時が進むような、
一ヵ月なのに、半年ぐらい時間が過ぎたような・・・そんな感覚でした。

忙しいなら忙しいなりに、余裕があるなら余裕があるなりに、
この年齢になると、時間はどんどん過ぎていきます。

でも、ここのところの時間の流れは、いつもと違う印象で、
先日、占星術のベテランさんが集まる勉強会で、この話をしたら、
「私も、私も」と何人かのかたが賛同してくださって、
こんな感じだよねとスローモーションで動く仕草をする方も。

やっぱりこれって、立て続いた逆行と順行の切り替え(留=ステーション)の感覚なんでしょうね・・。


天文暦をみると、4月のわずか2週間の間に、
パーソナルプラネットで、日常の空気感に大きく影響する水星、金星、
そして、現代占星術(10惑星)での最遠の惑星である冥王星と、
古代(7惑星)の最遠の惑星である土星、計4つの惑星が留となっています。

まず、4月6日に土星が逆行に転じ、
おって10日に、水星が逆行に転じ、
15日には、3月頭から逆行していた金星が順行に転じ、
そして、20日に冥王星が逆行に転じています。

順行と逆行の切り替え期は、惑星の速度が落ちます。
速度を落とし、一旦完全に止まってから方向を変え、再びゆっくり動き出すのです。

水星または金星が単独で、留となるだけでも、
その前後の数日は、日常的な場面で停滞感や、
星の配置によっては閉塞感を感じやすいのですが、
今回は、それがダブルでやってきている上に、重要な大惑星の留もからんでいます。

単独の大惑星の留だけでは、そもそも大惑星は速度が遅いので、
目立った影響は感じにくいのですが、
ただし、メルマガの新月リーディングのなかでも少し触れましたが、
留となる大惑星が他の惑星と強力なアスペクトを組むと、
インパクトのある社会的な出来事として現れることもあります。
(わりと、目立つ出来事が起きている印象です。)


なので、今回は時間の流れがゆっくり、けれど、とてつもなく濃密に感じられて、
そのなかで、自分が否応なく、変えられてしまうというか、
速ければ一過性終わってしまうことが、ゆっくりな分、何度か確認しながら、
もう後戻りしない方向へとじりじりと進んでいく、
そして、気が付くと根底から変わってしまっていた・・・というような感じでした。

順行と逆行の切り替えは、単なる状況の変化というよりも、
(それぞれの惑星の象意に沿っての)認識の大きな変化だな・・と痛感。

そして、逆行で内面に向いていた意識を、外に向けてみると、気が付かないうちに、
社会的な状況もじりじりと変化してくのが(その変化の仕方が)、
あやぶまれる昨今でもありますね。


26日には新月になって、また新たな一ヵ月のサイクルが始まっているわけですが、
水星はまだ逆行中、そして連休半ばの5月4日に順行に転じます。

水星は、天王星と重なっている状態で、留となるので、
このGW、そして順行になって速度があがっていくGW明けというのは、
重要な転換期になりそうな配置に思えます。

一連の順行と逆行の切り替えのシメになりそうなので、
過去を踏まえた(見直した)上で、もう先に行くしかないと感じることがある人は、
このタイミングで、しっかり舵取りをしたり、アクセルを踏んだりすると、
水星の速度があがるにつれ、細かい軌道修正をしながら、
大きな流れに乗っていくことができるんじゃないかな〜なんて思います。


(P.S.水星逆行中、とくに逆行で速度が落ちると、
  どうも文章が書きにくいですね、、、)
posted by amaneayafumi at 23:17| 雑記

2017年04月07日

新しいメニューを追加します

星回りの話題に続きまして、メニュー追加のお知らせです。
次回の担当日の4月16日(日)からスタートする、
タロット専用のセッションメニューです。

●●●
★タロット★
「今の私」を知るタロット・リーディング
30分5,000円

このメニューでは、具体的なテーマを決めずに、「今の私」についてタロットを展開し、そこから浮かび上がるテーマや問題の本質について、タロットによるリーディングとセッションを重ねながら深めていきます。「今の私」に焦点を当てることによって、現在の状況を引き起こしている根本的な原因や、悩みの背後にある心のありかたなど、本質的なものが浮かび上がりやすくなります。
魂の映し鏡ともいえるタロットのメッセージを通して、今の状況を見つめ直し、ご自身の本当の声に耳を傾ける機会としてご利用ください。
●●●

いつも、天音のセッションのなかで行っているタロットのリーディングを独立させ、
具体的な成り行きや結果というよりも、もっと深い心理的なプロセスに焦点を当てた内容になります。

最初のスプレッドは、「今の私」なんですが、
不思議と、質問の具体的なテーマを設定してなくても、
今、心を占めていることが浮かび上がってきますし、
また、問題の背後にある心のありかたに焦点を当てることで、
実は、根本的な問題(解決すべきこと)は別にあると気付くことも多々あります。

最初のスプレッド以降は、お客様とお話ししながら、
天音オリジナルの方法で、セッションを進めていきます。

これまでも、セッションのなかで時々行っていたのですが、
お客様からは、「納得」「すっきりした」「今の状況を整理できた」なんて声も。

今年も、今月の星回りを皮切りに、いろんな波が寄せてきそうな年ですので、
タロットのメッセージをヒントに、
さまざまな波を乗りこえながら、ぜひ自分らしい道を進んでいってくださいね!

posted by amaneayafumi at 09:09| 連絡

逆行←→順行切り替えがらみのハードな星々

みなさま、こんにちは。

”明日(4日)から星まわりが激動です”なんてことを、
西洋占星術に詳しくないかたに話していたら、
そのかたと私が関わっている、ある程度大きな場で、
4日に、文字通り、降ってわいたような事件?が勃発して、
あらためて、星の動きってすごいな・・・なんて実感しています。

身の回りでも、なんだか急に活気づいてきたというか、
慌ただしく動き出す人が増えてきた印象です。


4日に月が、牡羊座の太陽&天王星、天秤座の木星、山羊座の冥王星と
グランドクロスをつくる位置を通過したあとは、
土星が動きを止め、ググッと方向転換(今日あたりは、まだこの流れ)。

そして、明日からあさってにかけては、
太陽が木星とオポジション、冥王星とスクエア、
いわゆるTスクエアをつくって、
そこを抜けきらないうちに、今度は、水星が逆行開始。

同時に、逆行中の金星が、逆行後間もない土星とスクエア。
ここまでで来週初め(10日)ぐらいまでの動きなので、
この週末、なんだかいろいろありそうですね。


そして、今回はこれで終わらず、
金星自体も16日に順行に転じるため、
土星とスクエアにある位置あたりで、徐々に動きを止め、
そして、ググッと方向転換。
そのあとも、速度が遅く、土星とのスクエアを抜けて牡羊座に入るのは、
次の新月の頃です(新月の4月26日は、まだ魚座の29°ですが)。


しばらくは、気の抜けない日々が続きそうです。


今回は、単なるハード・アスペクトというより、
そこに、順行と逆行の切り替えがからむのが、大きなポイント。

順行と逆行が切り替わるときは、
星がいったん動きを止める(留=ステーション)ので、
よくもわるくも、その星の象意が強く働くなんていわれます。

そこに、ハードなアスペクトで、他の星がからむと、
その星の象意にそって、いろ〜んな出来事が起きてきやすいときです。


ただ、こういう状況の時って、
いろいろ試されることもありますが、
自分の本質が現れる(輝かせることができる)機会だとも思っています。

ちょうど太陽は、新しい世界に果敢に挑戦していく牡羊座にありますし、
全員のなかにある、牡羊座スピリットをもって、
それぞれの状況に挑戦していってくださいね。

posted by amaneayafumi at 08:43| 星読み

2017年03月31日

桜の見頃を待ちながら

東京で桜の開花宣言が出たのは、春分早々だったのに、
花冷えどころか、冬に逆戻りしたような陽気が続き、
桜が待ち遠しい今日この頃です。

でも、ちらほら咲き始めた桜の木を見上げると、
桃色に染まったつぼみが、枝いっぱいについていて、
気温があがったら、一気に華やかに開く準備万端という感じですね。

逆行って、過去の振り返りと、同時に
未来の準備の時期(再スタートのための)だと思うのですが、
ただいま、美と愛の星・金星は逆行中。
なんだか、爛漫の春(桜の開花)を待たされる気分なのも、
ちょっと、こんな星の動きともマッチして面白いなぁなんて。


さて、ただいま、牡羊座の新月から上弦に向かう時期です。
約2週間前は、個人的に大事な卒業イベントがあって、
その日は、魚座の最後の度数、月が土星と重なるときでした。
濃密で不思議な時間を終えて、帰宅したあたりで、ちょうど春分を迎え、
それから2週間。
なんだか、2週間が2ヶ月ぐらいに感じます。

物理的にものすごく忙しかったというわけではないんですが、
心境というか、物の見方が急に変化した2週間でした。
苗床で育てた苗を抜いて、畑に植え直したようなタイミングだったのかな・・


見頃が1週間程度の桜は、
あっという間に咲いて、あっという間に散っていきます。
ただ、その1週間は、日常の景色が一変するような華やかな時間が訪れます。

星回りも、あるとき、一気にいろんなことが起きるでも、
そんな感じで、いろんなことが急に動き出していくことがありますよね。

この先、4月3日に逆行している金星が、牡羊座から魚座に入り、
その翌日の上弦の日には、月が木星、冥王星、天王星と次々ハードなアスペクトを
とりながら進みます。

そして、土星がゆっくりと向きを変え、順行から逆行に転じたあたりに、
太陽は、木星と冥王星とTスクエアをとる位置を通り、
ついで、天王星に向かっている最中に、水星も逆行に転じます。

そして、満月の頃は、逆行している金星と土星がちょうどスクエア。
満月の4日後には、天王星とコンジャンクション。

あらためて描き出してみると、これから2週間って、
星の動きに、かなりインパクトがありますね〜。

こういった波が激しい時期を、乗りこなしていくことで、
淀みに引っ掛かっていたような悩みや迷いが、急激に変化して、
新しい流れに進んでいくことができるタイミングになる・・・なんて思います。

posted by amaneayafumi at 23:45| 雑記

2017年03月16日

3月17日(金)臨時でお店に出ます

こんにちは。

昨日、大慌てで確定申告に行ってきました。
ここ20年近く、一年に一度だけ通る道を通りながら、
いつもは、忙しい作業のあとの解放感とともに、
春の訪れを実感するのですが、
昨日は、ほんとうに珍しく寒々とした曇り空。

今年は春の訪れが遅いのかしら?なんて思ったら、
一転、今日は春らしい陽気です。

先ほどまで、自宅から見える塀の上で、
近所の猫が、降り注ぐ日の光を浴びながらのんびりくつろいでいて、
なんだか、ほほえましいな〜なんて気分になりました。


今週は、12サイン最後の魚座の最後の度数を太陽が進行し、
そして、新月前の月の光が消えていくタイミング。

新しい年度を迎える前に、いろいろデトックスして、
手放す時期ですね。

私は今週末に、大切な卒業イベントがひとつあり、
なんだか、とても象徴的だな〜なんて思っています。

春の陽気を感じると、活動的な気分にもなりますし、
皆様も、新たな出発につながる素敵な別れを体験してくださいね。


さて、前置きが長くなりましたが、

明日の3月17日(金)は、臨時でお店に出ています。
レギュラーの19日(日)は、お休みになります。

ふと思い立たれたかたは、お気軽に代々木のセッションルームまでお運びください。
posted by amaneayafumi at 11:51| 連絡